先輩の声

取締役副社長 
小幡和史(平成5年入社)

意欲あふれる若い人にとって、 チャンスの多い会社です。

50年を超える歴史がありますが、現在はスタッフの4分の1が20代と、若い社員が多くなっていますから、頑張ればどんどん上のポジションに行くことができます。私も28歳で課長、30歳の若さで部長に昇格し、製造部門を任されています。また、役職だけでなく、「これをやりたい!」という思いを実現できる環境もあります。プラスチック成形は、奥の深い世界。同じ金型・同じ成形機を使っても、温度や時間・圧力・スピードといった成形条件を変えるだけで、できあがりが大きく変わってしまいます。ですから、製品ごとに最適な条件を自分で考えて、最適値を見つけ出すところが、技術者の腕の見せ所。「こうで無ければいけない」という方程式が無いので、自分の考えで挑戦し、実現できます。

スキルアップして資格を取得し、 お客様にも認められる存在に。

資格取得を会社が全面的にバックアップしてくれることも、当社の良さ。プラスチック成形技能士2級・1級に続き、2007年には特級を取得しました。今年1年で特級を取得したのは、愛知県でわずか15名くらいしかいません。当社で技術を高めて、経験を積めば、そんな難しい資格も取ることができるのです。資格取得がすべてではありませんが、1級や特級を取ればお客様にも認めてもらえますし、どこに行っても通用する資格です。資格取得が自信につながりますよ。

管理部 管理課 
鈴木智咲子(平成14年入社)

自分なりの工夫を実践し、
誰にとってもわかりやすい書類を作っています。

成形組付・成形検査・仕上げの各部署を経験し、今は品質管理と人材採用を担当しています。品質管理では、作業の手順書や工程管理明細表、検査基準書などを作成。誰が作業をしてもミスしないように、写真と文章で細かい点まで明記し、重要部分を丸で囲んだり、拡大したり、注意を引くように工夫しています。以前の組付や検査で感じたやりにくい作業や間違えやすい部分、その経験が活きているのかな。実は、最初は上司に手直しばかりされました(笑)。でも、負けず嫌いな性格なので、絶対に手直しされないパーフェクトな書類を作ろうと頑張ってきたんですよ。

いつもニコニコしている社長をはじめ人間関係が良く、
居心地のいい会社です。

人材採用の仕事は、社長と打ち合わせしながら進めています。社長はいつもニコニコして、優しく声をかけてくださいますし、とっても温かい人です。社長と社員の距離が近いのも、当社の良いところですね。もちろん、社員同士も仲が良いですよ。社員・派遣社員・パートなど垣根もなく、一緒にボーリングや食事を楽しむこともあります。誰とでもコミュニケーションが取れるので、居心地がいいですね。

最新の先輩の声を聞いてみる

当社の事業内容が新聞やテレビで紹介されました。詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

ページの先頭へ