• プラスチック成形と溶着技術で、クルマの未来を拓く。<自動車用プラスチック「保安重要部品」メーカー> プラスチック成形と溶着技術で、クルマの未来を拓く。<自動車用プラスチック「保安重要部品」メーカー>
  • プラスチック成形と溶着技術で、クルマの未来を拓く。<自動車用プラスチック「保安重要部品」メーカー> プラスチック成形と溶着技術で、クルマの未来を拓く。<自動車用プラスチック「保安重要部品」メーカー>
  • プラスチック成形と溶着技術で、クルマの未来を拓く。<自動車用プラスチック「保安重要部品」メーカー> プラスチック成形と溶着技術で、クルマの未来を拓く。<自動車用プラスチック「保安重要部品」メーカー>

トップメッセージ

品質が命の保安重要部品

50年以上にわたって、自動車用プラスチック部品を製造してきました。

代表取締役社長
小幡和史

事業の特徴

プラスチック成形と溶着をコア技術に持ち、 精密部品成形とタンクアセンブリーを得意分野としています。

先輩の声

製品は機械が作ります。 私たちは「価値を生み出す知能集団」を目指します。

新着情報

2018/02/22
ホームページをリニューアルしました。

ページの先頭へ